第53回へら鮒釣り大会を開催しました。

国際労働組合は、2022年6月4日(土)に埼玉県羽生市「椎の木湖」において、第53回へら鮒釣り大会を開催しました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により2年連続で中止を余儀なくされていたものの、開催を心待ちにしていた11支部とフレンドリークラブから67名(うち女性6名、労供11名、FC6名)の選手が参加しました。

6時30分の受付開始前から続々と参加者が集い、8時の時報と競技が一斉にスタートし、6時間に及ぶ熱い戦いが繰り広げられました。

今回も釣りエサの【マルキユー株式会社】様からの全面協力のもと、インストラクターとして初参加の「マルキユー」アドバイザー稲村順一さんから、ビギナーや女性の方を中心にエサの付け方や釣り方のコツの伝授をしていただきました。

今大会全体の釣果は327.68kgと前回を大きく下回るなか、前大会の個人戦上位入賞者を多数擁する台東支部がその実力をいかんなく発揮し、2位に大差をつけて見事団体戦四連覇を達成しました。

個人戦は台東支部の大塚博和さんが今大会唯一の20枚越えとなる見事な成績で二連覇を達成し、準優勝は同じく台東支部の関寺昭雄さん、第3位は世田谷支部の手束正勝さんとなりました。

伝統あるへら鮒釣り大会をより盛り上げるためにも、来年も多くの参加者をお待ちしています。

関連記事

  1. 第50回へら鮒釣り大会を開催しました。

  2. 第52回卓球大会を開催しました。

  3. 第45回ゆうゆうサークルを開催しました。

  4. 第27回レディースサークルを開催しました。

  5. 第55回卓球大会を開催しました。

  6. 第51回スキーツアー&スクールを開催しました。